History

太宰治の【人間失格】じゃありませんが、実に恥の多い生涯を送ってきました。

ネタみたいな人生上等ですwwww

薄毛の歴史としてちょこっとだけ書いてみます。

 

薄毛、誕生。

某スーパー戦隊が放送されて3ヶ月後、限りなく普通児に近い未熟児として仙台市内にて元珍走団の父とそれを更生させた母(どちらも脳筋)の元に産まれる。
聞いたところによると、産まれてくるまでにぼちぼちいざこざがあったらしく産院で出産拒否されなくてよかったねとしか言えない(’A`)

そして産まれてからも母方の祖母があんぽんたんな事をしでかしてくれたらしく、この時からネタ人生を歩むことは決定していたのかもしれないと今となっては思っている(’A`)
そしていずれこの件についてのアレコレを書こうと思う(’A`)

ちなみに。
赤子ってのは髪が薄いのがデフォではあろうが、薄毛は自分の妹やイトコらと比べても恐ろしいくらい髪がない赤子で写真を見ると地味に悲しくなるのはお約束だ(´・ω・`)
幼稚園に行く頃まで素晴らしいハゲっぷりで実は未だに直視できないwwww

薄毛の神童時代。

幼い頃の薄毛はどういう訳か非常に物覚えがよく、田舎の神童としてジジババから大層手厚く育てられる。

駄菓子菓子。
所詮は神童には程遠いちょっと物覚えの良いだけの子供、要領のよいイトコたちに次第にいいようにしてやられるようになり、不貞腐れがデフォの面倒な子供になっていく(’A`)

薄毛、人生の厳しさを知る幼稚園時代。

斜に構えた可愛くない子供、薄毛も幼稚園に入園して少ないながらも友人ができるようになる。それこそ平和に暮らしていたのだ。

駄菓子菓子。
家が庭付き一戸建てで犬を飼っているというくだらなさすぎる理由で近所の団地のクソガキ共にいじめられるようになる。

当時の薄毛は基本的に我慢しいだったので幼稚園には通ってたものの、小さいハゲをこさえたことで親が気付きお約束の『何で言わないの』攻撃を食らう。
そして母親より『1やられたら5やり返せ、口で言ってもわからんやつには手を上げてもやむなし』と言われ、ここで脳筋一族の一員としての才能が開花し始めるw

そして元気にやり返すようになりいじめはなくなる……ものの、脳筋一族の一員である薄毛のやり返しは幼児にしてはアレだったらしく、連日母親からお叱りを受けるようになるwwww

さすがに嫌がらせしてきた奴らをこぞって捕まえて投げ飛ばしまくったのはやりすぎだったと思う、今では(´・ω・`)

薄毛、世の中の汚さを知る小学校時代。

徐々にガキ大将になりつつあった薄毛も田舎の小学校に入学。

低学年のうちは平和に生きていられた(ってほど平和でもないんだがw)ものの、5年生及び6年生当時の担任のおかげで教師という職業に偏見を持ち始めるようになる。
薄毛は歳の離れた妹がふたりいて面倒見が割と良い方だったのが悪かったのか、連日、クラスの問題児を押し付けたい担任とそれを回避したい薄毛との間に争いが起こるようになる。
しかし残念ながら他の児童や父兄から見ても正当性は薄毛にあり、担任が『誰も先生のつらさをわかってくれない』と泣くとか日常茶飯事であった(’A`)バカカトアホカト
クラスの問題児をひとりの児童に押し付けるよりアンタがやることがあるだろと思った&言っただけなんですがねぇ。

この担任教師のおかげで『汚い大人は嫌いだ』と今まで以上に斜に構える&口の悪さが炸裂するようになり、どこに出しても恥ずかしいクソガキと化す。

薄毛、暗黒の中学時代。

地獄のような小学校最後の2年間から抜け出したと思いきや……中学は更に地獄で徐々にメンヘラ化していく(’A`)

まず担任がひとの話をろくに聞かない思い込みの激し過ぎる脳筋教師、学年主任が性善説しかないと信じている脳みそお花畑教師である。
小学5年生6年生の担任を更に悪化させて電波飛ばしたようなのがふたりとか何この地獄としか思えない日々。
何を話しても話になりゃしないので、父の知り合いの教育委員会の方を召喚したことすらある(’A`)
それでも話にならない上記の教師たち…自分がいつかバカになるんじゃないかと思う恐怖の日々(’A`)

部活動以外は本当に嫌な3年間だった。

薄毛の周りにはアホしかいない高校・大学時代。

メンヘラ化しつつも何とか高校受験を終わらせ…たのはいいものの、自分の出席番号ひとつ前に同じ時期に同じ産院で産まれた子が居て母娘共々バツの悪い思いをする高校の入学式から始まり、実に碌でもない人生の本番がここからスタートするwwww

ここからの話は個別で書いた方がいいだろってくらい濃ゆくてアレなんだが、

  • 悪夢の修学旅行
  • 女の甘味への情熱を舐めてはいけない
  • シュールストレミング
  • 人間不信から完全無欠のメンヘラ化

など割といろいろあるのでネタとしていずれ書いてみたいと思っているんでその時はヨロシク(・ω・)ノシ

(一応)最後に。

今思い返すだけでも碌でもない人生を送ってきました。

風俗のお仕事をして更にネタ人生に拍車がかかったりもしました。

面倒なこともそれなりにありました。

それでも薄毛は今日もヘラヘラと生きています。

こんな駄文を読んでくれるあなたにも辛い時や苦しい時があるでしょう。

でも悲観しないで欲しいです。

薄毛でも何とか生きてこれてるもの、薄毛よりまともなあなたならきっと大丈夫だと思います。

こんなロクデナシでも生きてけるって思えば楽になる人もいるんじゃないかなと思って書いてはみたけどどうかしらね(’A`)?